暮れの30日に義父が亡くなりまして、うちの奥さん埼玉で
ガンだったんですけど、もうずいぶん前から分かっていて
がんセンターに自分で通っていて、どういう治療をしていたのか解らないのですが
自分の父もガンだったんですが、父の時とは随分病気の感じが違ったから、
同じガンでも、ガンになった部分が違うと進行とか様態?様子が違うのかな?と思ったり、。
10年の違いがあるから その間の医療の進歩で違うのかな?と思ったり
ガンと言われば、あと余命どれだけ?と思ってしまうけど、
随分長く普通に生活しているように見えたんですけど、
自分が義父に会うのは年に1回だから、ここ数年は会うたびに痩せていったので、
ずいぶん悪くなっているのかな?と心配していましたら、
12月に入ったら急に悪くなって、入院したので
中旬に嫁が帰って会ってきて、結局その時がお父さんと話せた最後になってしまったんですけど、
それで、年末27日に一度家に帰ってくることになったので、慌てて帰ってたら
もうその時は 意識もはっきりしていなくて、話をできる状態ではなく
翌日にはまた病院に再入院で、ほとんど秒読み状態で
それでも医者は10日くらいは大丈夫だろとはじめは言っていたのが
翌日には「今日、明日」と言われて 30日の朝亡くなりました。

正直 そういう時っていろんな事を というか、自分の都合を考えます。
ケーキ屋としては年末年始。クリスマスが終わって もうひと頑張り、もうひと稼ぎというところで
いろいろ準備をしているところですから、年明けそうそうお葬式となれば それらがパーになってしまうので
非常に困る状態です。予約も入っていますし・・。
結局、火葬場等がやっていないので4日がお通夜で5日がお葬式となって、
とりあえず、2日 3日と商売が出来たのですが、多分迷惑をかけたお客さんがいたのだと思います。

それでも、店としてはクリスマス 年末 正月と商売をさせてもらえたからありがたかったと思っています。
今度は2月、バレンタインが終わってから 四十九日で 行かなくてはならないし
お盆 お彼岸 命日と・・・それに今年は 自分の父の十三回忌もあるので
いろいろ そう言った用事の多い年です。

だんだん、嬉しいこととか、お祝い事とかよりも、悲しいことが多くなってきます。
しょうがないことなんですけど、
いろんなことを考えさせられる年末年始でした。