15日の話し合いで バレンタイン、ホワイトデーなどのこれからの活動を話し合い
それらが終わってから
自分が、ホワイトデーが終わりすぐにやがて1年になるけど
今は初めての試みで いろいろお菓子を作りやってきたけど
じゃあ2年目はどうするか??
もちろん同じようなことでも 継続して同じ事をやっていくことは大切だし
今までやったことが 大成功で大盛況だったわけではない
まだまだ我々がやっていることは 一部の人しか知らないし、
知っていても 年末年始で活動を休んでいると もう「あの活動は終わったのか」と
思われた人もいるくらいだから、まだまだ認知もなにもされていないから
そういう意味では 同じ事でもやり続けることは大切だと思う。

自分のこと 自分の店のことだけを考えれば、月に一度集まってイベントを企画してもらって
手数料もなくロイヤリティもなく 材料の野菜もほとんど無料で提供してもらって
農協の人たちが売ってくれる 、
金額的にはそれほど大きくはないが、それでも 儲けになっている
それだけで満足してしまうと それだけで終わってしまう。
その次のステップとして、
どうこの会を大きくして 大勢の人たちを巻き込んで関わってもらえるようになるか
そこが問題なような気がする
このことをやることで イベントなどで少しだけお菓子を売ってもらって
ケーキ屋3店舗が少しだけ儲かった だけで終わってしまっては全く意味が無い。

最近 いろんなんところで似たような活動をしているのを見かけるけど
最初は 花火を打ち上げるようにワァ〜と盛り上がって
宣伝方法にお金をかければ それなりにお客さんは集まり
それなりに盛況にはなるだろうけど、それだけで終わっているところが多いと思う。

自分はそういうのではつまらない、
もっと根本的なところ もっと大勢の人たちが
こういう活動から 恩恵というかいい方向に向かえるような
そういう活動にしたい。

そのためには 自分のことだけ 自分の儲けだけを追いかけていたんではダメで
人の儲けも考えてあげながら、人それぞれの立場も考えながら
活動していけば 多分それが大きな活動に変わっていく気がする

そして その流れの中で 自分の店に帰ってくる気がする
そうなれば 単発的な売れた、売れないではなくて
自分の店そのものが もっと大勢に人たちに認知してもらえる気がする。