この前、名古屋に行った時に歩いていたら、道で写真のコーヒーを配っていたので貰った。

この日は友達と飲みに行ったんですが、その中の友達の奥さんが
違う場所で同じように、この缶コーヒーを配る仕事をしていて
友達はすでに飲んでいたんですが、その話をしていたら配られていて もらったので
そのタイミングの良さに驚いたんですけど、

フッと思うのは、ではこの日名古屋の何カ所で配っていたんだろう?とか
これを名古屋だけというのはないだろうから 東京とか大阪 その他の都市でもやったのだろうか?
そして合計何本配ったんだろう?とか
その経費ってどのくらいかけているんだろう?とも思ったんですけど、

今はまだ見た事がないのですが、これでテレビCM とか雑誌などにも載せるのでしょうか?
そうなると、宣伝広告費だけで何千万?となるのでしょうか?
それでも、全国で販売して何本売れば利益が出てくるのでしょうか?
小さい商売しか知らない自分には想像も付かない数字なんですけど、

この前コンビニケーキでティラミスが5日で(確か)100万個売れたと言うのを見ましたが
単純に聞くと100万という数字は確かにすごいとは思うけど、
でもこう言う数字の内容はどうなの?と考えるようになった、
ただ100万という数字だけで驚かない。大体売っているコンビニは当然どの街にもあるし
同じ街の中にも何軒もあったりすれば たとえ1軒で数個だったとしても
日本国じゅうの店舗数でかければ すぐ100万個くらいいく気もするし、
大体、人気タレントを使ってテレビで大々的にやれば 一度は食べてみようと思うだろうし、
だから100万という数字が多いのか少ないのかは 会社の人にしか本当のところは解らない。
それに、それだけの宣伝広告費を使ってどのくらいの個数を売れば利益が出てくるのか?
戦略として それだけやっても利益がでるんでしょうね。

それにしても、両方とも自分が思う「商売」というのではなく
バクチに近い感じですね、売れれば大儲かり、ダメだと大損害。
(自分はそういうのがイヤで 田舎で小さな菓子屋をやっているような気がする)

話が飛ぶのだけど、世の中にはいろんな数字が飛び出してくる。
今の放射能の測定数字だって、よく解らない単位を付けて発表されるし、
株価とか円高ドル安とかいって お金の値段を言うし、
国の借金が 何兆円になったとか
この公共工事に何億円 何十、何百 何千億円かかったとか
そういう 自分の生活とかけ離れて数字が 新聞で書かれ、テレビでアナウンサーの人が
さらりと、「この数字の意味がわかるでしょ?」という 普通の顔をして原稿を読んでいるけど
本当にこれらの数字の意味をわかって聞いている人って 国民の中でどのくらいいるんだろう?

解っていないのは自分だけ?

自分の財布の中身なら解るし、ああやってこうやって使っていけば このくらいで足りるとか足りないとか
解るけど、
大体発表される数字って、当然自分では確認出来ない、
偉い人が 頭のいい人が出してくる数字を 自分達は聞いて「アーそうなんだ」と思うだけ。
ウソをつかれても 確認する術はない。
そこのところが、非常に国民は騙されているような気がする。

言わんとするところ 解りますか?

肩書きの偉いと思われる人、頭の良さそうな人が出てきて、聞いても解らないような説明をして
数字を並べだしたら、「ウソ」と思うようにしませんか。