自分達が子供の頃と違って 今は3連休というのが多くなりました。
法律が変わって 祝日が日曜日にかかると月曜日に休みが移ると言う
休みとは無縁の自分達からしたら羨ましいですが、

それでも外国 とりわけヨーロッパからしたら休みが少ないらしいですけど、
外国の休みの事はよく知れません。
自分が定休日以外休みではないので言うわけではないですが、

自分はケーキ屋という仕事をしていて、ケーキ屋の仕事は毎日毎日
積み上げていく仕事です、一日で店の全商品を揃えるわけではなく
一種類をある程度多めというか 量を作ってそれをストックしながら
ローテーションで作って、売れてしまった物から順に作っていきます。
ものすごく売れている店で 全種類が毎日売り切れるのなら
大人数で みんなで寄ってたかって作っていくんでしょうが、
それでも、今は冷蔵、冷凍庫 保存方法がよくなったから
それらを上手に作ってやっていると思います。

そうやってやっている菓子屋からしたら、
休みはほしいし、休みたいんだけど、休むと毎日の仕事の段取りの継続が切れるから
いろんな意味でやりにくい場合があります。
フルーツなどの生の物は 悪くなっていくし、
材料の賞味期限の問題もありますしね。

それは菓子屋だけではなく 食べ物屋さん全体に言える事でしょう。
特に魚やお肉のような生ものなら、「今日は売れても明日は売れない」という物があるでしょうから
簡単に休む事は出来ないでしょうし、
商売的に言っても、我々は日銭商売だから、一日休むと売り上げ分が減収です。
うちに来る業者もそうですけど、「来週は休みですから2週間分でお願いします」
と言われますけど、そういう職種の人は休めますね。

図らずも そういう職業に就いてしまった事を、今さらとやかく言っても仕方がありませんけど、
でも今の時代 いろんな給料体型があるようで
一応社員だけど、給料は日給月給という人、もちろんパートアルバイトの立場で働いている人は
会社が休みになってしまうと、それだけ給料が減るわけで
休みだからと言ってうれしい人ばかりではないでしょうね。
休んだ分だけ生活が苦しくなる。

そう言う人もそうだけど、本当は日本という国は休んではいけない気がする
そんな事を言うと怒る人がたくさんいるでしょうけど、
元々 資源も何もない国
大昔から日本がどうして 今の様な繁栄があるかと言えば
日本人の勤勉さと 骨身を惜しまず働いた事だと・・・。
国民その物が資源、逆に言うとそれしかない国なのに

まあ そんな事を言っても仕方がない、
今は皆さん 普通に休んで普通に連休をとりますから
休みがあるなしで 職業を選ぶ人だっているようですから

ダメなんですよ、こうやってずっとやっている自分は
変に妙に休むと なんか罪悪感じゃないけど「休んでいて良いのか??」と
自分の心が言い始めてしまうし、体調もおかしくなってしまう、
それに付き合う奥さんはかわいそうだなとは思うけど・・・。
ケーキ屋という仕事が好きなんでしょうね、自分が。
一人でやっているから 他人に気を遣う事もないし、
気軽にやっているから 休みが無くてもそれ程イヤだと思わない。

多分店をやっている人たちは そういう感覚だからやっていられるでしょうし、
もちろん たくさん売れて たくさんお金が入ってくればうれしいし、
たくさんお金が入ってくるなら 休んでいるなんてもったいない
と言う感覚でしょう。
商売とはそういう物だし、
働こうが働かまいが 同じ給料なら 休みが多い方がいいですね。
でも、仕事だからやらなくてはいけない事はやらなくてはいけないのだから
休んだ事によって その仕事があとになって廻って来るというのも大変で
だったら休みなんか無くていいと思っている人もいるでしょうか??
休みだと、お金も使うでしょうから、
お金があって 仕事の事もそれ程考えなくて 休める人は楽しいでしょうが
今、今朝起きて 「さあ出勤」という人たちは
気が重い人もたくさんいるでしょうね。
まあ 何がよくて 何が悪いか解らないけど
仕事は どんな人でも 大変ですね、
お金をかせぐことですから。。。