結局8月に1回しか このブログを書きませんでした。
taroさん コメントありがとうございます。

書きたいと思う事は沢山あるんですけど、
最近、その思った事が 本当に正しいのかどうか
解らなかったり、言い切る事に迷ったりして
だから まとまらないから書けなかったり、

夏場ですから、店、仕事自体は 決して忙しくはないんですけど、

今週、月曜日から昨日(木曜)まで 夏休みにして
毎年の事で、奥さんの実家の埼玉に行ってきました。
今回は思わず盛りだくさんになって なかなか有意義な休みでした。

と言っても、「遊ぶ」というのではなかったですね。
どっちかというと「仕事」の事、
月曜は向こうに着いて終わったけど、
翌日は 昼に二子玉川で 友達と待ち合わせて
そのまま自分が出た菓子学校に行って、お世話になった先生に挨拶して
同級生が先生をしているので 少し話をして、
学校見学して、そのあと横浜の方でケーキ屋をやっている先輩の所へ顔を出してきまして、
その先輩 今年の2月に書きましたけど、命にかかわる大病をして
ひょっとしたらもう お店は無理かと思っていたら、
昨日から再オープンだとかで、前日だったので一生懸命作っていました。
でも、身体に力が入りきらないようだし、辛そうでした。
これからどうなるのか??
すごく心配ですけど、どうにもならないので見ているだけです。
夜は また二子玉で友達と2人で2時頃まで呑んでましたけど、
本当はもう1人友達が来るはずだったんですけど、
仕事の都合が付かず来れなくて残念でした。
そいつの話を書くとまた長くなります。
以前は店をやっていたんですけど、簡単に書くと経営不振で
今は止めて大手のケーキ工場で働いてるとの話です。
 
帰りにタクシーに乗ったんですけど、
その運転手さんと少し話したんですけど、
その人、以前は大田区の町工場で50年働いていたそうですけど、
中国に仕事を取られて 今は運転手さん。
今の時代、そういう人が多いらしいですね。

二子玉川は世田谷区で元々お金持ちの多い街ではありましたけど、
自分達がいた頃はまだ 遊園地があったり、映画館があったり、
ちっとはずれると普通の昔からの家もあったり
と言う街だったんですけど、久しぶりに行った二子玉は再開発で
ブルジョアの街に変わっていて、街を歩いている人たちも
走っている車も 「何をしたらこんなに・・・??」という人たちがたくさんにて、
その反面、運転手さんのような人も 二子玉にはいるというそのギャップ
お金持ちには楽しい街でも、普通くらいの収入くらいでは辛くなる街、
東京はそういうところが多い。
それが、段々 地方都市にも広がっていて、
本当に「勝ち組」「負け組」に別れていくような、
でも、よーく見ると 「勝ち組もどき」って言う人も多い気がする。
一見、良い車にも乗っているし、身なりもお金をかけている、
暮らし向きが良さそうに見えて、実は・・・と言う人も多い気がする。
本当のところは解らないけど、
感覚的には、普通の勤め人やちょっとくらいの商売、会社ではああはなれないと思うから、

そう思うと、本当に不思議な街 東京。

皆さん 都民の人たちは どう思って毎日暮らしているんだろう??
それが当たり前だから 当たり前なんでしょう。

資本主義だからしょうがないし、じゃあ共産主義が良いというわけではないけれど
こう言う ギャップ、違いが世の中を悪くしているような気がする。
二子玉に出来た新しいマンションは 最低が5000万くらいからで最高は2億以上ですって
それが買える人って??