昨日、NHKでチェルノブイリの事をやっていて 
あまりの暗さに 途中途中を抜かして見ていたんですけど、
25年たっても 全然 放射線というのは無くならないんですね。
それどころか、確実にそこで採れた物を食べると内部被爆するんですね。

そんな(番組の)見方で見ていたし、自分が数字などを並べて 文章で説明するのは
難しいので書けませんけど、

チェルノブイリと照らし合わせると、
福島第一原発の周囲何十キロの範囲では もう食物は採れないと言う事になるのでしょうか??
それが東北3県のどこまでに影響すのか 自分には全く想像も出来ませんが

今は 100km以上離れたワラからセシウムが検出されて、
牛を全頭 国が買い取るとか言って ニュースでやっていますけど
それは農家の方々にとっては 大変な事だし
「買い取ってくれたから良かった」の話ではないし、
じゃあ、この先酪農をやっていかれるのかとか
消費者としては 本当にそこで育てられた肉や農作物は大丈夫なのかとか
考えただけでも、これから日本はどうなるのか???
ものすごい 重たい荷物を 日本国民は背負いました。

自分のような たかがケーキ屋のおじさんですらそう思うのに
先日の 東海テレビの「セシウムさん」事件は
あまりのひどさに、呆れる、怒れる、バカ、アホ・・・・・いろんな罵倒する又は、批判の言葉はありますが
そんな 感情的な言葉だけで 東海テレビを批判しても批判しきれないほど
ひどい話で、
東海地方だから、東北の放射能汚染は関係ないという話では全然無くて
国の中で時差があるような大国と違って、国土その物が小さい日本にとって、
どこの どんなに離れている場所でも 日本国民にとっては大切な国土なのに
「東北の事は俺には関係ないぜ」的な発想でテレビ番組を作っているセンス、
自分には全く理解出来ませんけど、
例えばそのテロップを作った人が
「俺は高給取りだから、東北の物など買わなくても、安全なところから取り寄せるから良いんだ」
と思ったとしても、
今の汚染されたワラの話でも解るように、原発から100km以上離れたところで作られた
ワラですら汚染されていて、離れているから大丈夫だと思って牛に与えていたら
それがダメだった。
また そのワラって いろんな地域に出されているんですね。
福島のワラが 違う県に売られていて そこで牛に与えたれている。

日本って こう言う問題もそうですが、車の部品や薬とか 
いろんな物が消費者には思いも寄らないところで、実は作られていて
自分が毎日食べているものや使っている物が、どこから来ているのか?
製造会社だけを見て どこそこの製品と思っていても、
確かにそれはどこそこ会社の製品なんだけど、元をたどると実は思いも寄らない所で採れた物だったり、
作られていたり、

多治見は陶器の街なんですけど、自分が遠い旅先で陶器の土産を買ってきたら
実はそれは 隣町の多治見の陶器屋さんの製品だったとか、
以前、付き合いのあった養鶏場の鶏は、確かにそこでその人たちが育てて
卵を生産しているんだけど、与えているエサは 外国産のトウモロコシなどを与えている
これを純国産卵と本当に言えるのか?とか

別にこう言うのに文句を言うとか、問題にするとかは全く思っていません。
それはそう言う物だと思うし、自分だってケーキを作っていて
材料が本当は どこでどういうふうに作れているのかなんか知りません。

ただ、物というのはそうやって作られて売られているんだと、
店に行って、自分の必要な物、気に入った物とかを買って来るんですが
今の日本人は、ある事が当たり前で、お金を出せばなんでも買えます。
自分の仕事として何かを作ると言うのはあっても「生活に必用な物を自分で作る」という事を
しなくなった日本人。
自分の仕事の事はよく知っているけど、それ以外の事は全く知らない
自分の仕事の苦労は苦労だけど、他人の苦労は苦労と思わないというか想像しない。

東北の人はすべての人が泣いているし、原発の事でもこの先どうなるのか
想像すら出来ない状況の中で 不安に思い、泣いているのに、
自分は遠いところで 仕事にも生活にも困っていないから
「他人事、他人事」と思っていると、全く違う。

すべての事が自分の事だと思わないと、「セシウムさん」なんて平気で書くような
大きな勘違いは 命取りになる気がします。

実際 これを作った人が会社の中でどうなるのか?東海テレビの社長や
東海テレビ自体がどうなるのか解りませんけど、
レベルの低い勘違いが 会社自体のあり方、信用、存在自体が
命取りになりかねないというのも 他人事ではなくて自分事に思わないといけないかも知れません。