洋菓子店ラ・パニエ お菓子日記

ラ・パニエの仕事、新作ケーキ ケーキ屋の裏話など・・。

中日ドラゴンズ

今年のドラゴンズは非常に弱い、多分今年はAクラスに入れなくて終わるだろう。
フャンの人達の中では 優勝させた落合さんを辞めさせて 高木さんに代えたことに
大ブーイングのようだが、自分もしばらくはドラゴンズの優勝は観られないだろうと思っている。
小学5年からドラゴンズファンだけど、落合監督時代 あれほど強いと感じるドラゴンズを見たことがなかった。
以前も近藤監督や星野監督で優勝したけれど、言い方が悪いが「たまたま」すべての好条件が揃った時
優勝できたという感じで だから翌年からだんだん弱くなっていく。
ところが落合さんの時は 優勝した次の年 たとえ優勝できなくても あまり弱いという感じはなかったし、
また翌年は優勝を狙えるだろうと感じられた。現実にそうなっていた。
落合さんの物の見方、考え方は非常に勉強になった気がする。
1試合のゲームの進め方、1年間のシーズンの勝敗の計算の仕方
それをやっていく上での 選手の力量などの見極め方、相手チームの戦力分析など
綿密に計算された進め方。
勝負事だから 予期せぬ事は起こる、そういう予期せぬことが起こった時 優勝を逃していた気がするから
決して弱いから優勝が出来なかったわけではなかった気がする。

今は落合さんの作り上げたチームは空中分解状態
高木監督にしてみれば 他人の為に調整された機械(それも特異なタイプ)を いきなり渡されてそれで前任者と同じ物を作れと言われているようなもので、だから1年目は余韻で上手く動いたけど 
もう今年はダメになったのも理解ができる。

ファンの人達の中で感情的に怒っている人達がいるけれど
そういう感情移入した見方もあるだろうが、自分はそういう見方はしない。
若い時は ドラゴンズの負けに 怒りすら感じた頃があったし 失敗した選手に対しても
怒りを感じたし、相手チームに対しても憎しみすら感じた時があった。
今はもうそういうものは一切感じなくなった。
プロ野球はあくまでも興行であるし、楽しむもの。
見る側の見方で 見え方が随分変わる。
負けてもいいのだ。負けるには負ける理由があって その結果である。
負けている中から 何を見るか、何が見えるかが楽しい。
多分 落合さんがそれを教えてくれた気がする

そして 落合さんが作り上げたチームも老朽化しつつある。
(あのまま 落合さんが監督をし続けていたら その老朽化しつつあるチームをどう変えていくかも
見たかった気がする。)
選手の入れ替え時期に来ているのは確かで、そう意味でも高木さんは気の毒な部分はある。
多分 今年で高木さんは終わりだろう、そして次の監督になった人がどういうチームをつくり上げるかが
見もので、その新しい監督の力量、見方、考え方を見るのも楽しみの一つ。
選手に対しても 好きな選手、気になる選手はいるが もう子供の時のように特定の選手に
感情移入は出来ない、と言うのは彼らは大金持ちで年間何千万も何億もおもらう人達
その人達が 年を取ってきて能力が下がってきたのなら 次の選手が見たい。
新しいものが見たい。それが球場までお金を払って観に行っている人達の権利だから。

フャンからしたら楽しむためのプロ野球なんだけど、
そこには各選手の人生があり、感情があり 思いがあり、
スポーツなのだから 勝ち負けだけを楽しむのもいいのだが、
決して 誰かがプログラミングしたコンピュータゲームではないのだから
その人間臭いプロ野球が自分は好きだし、観ていて楽しい。
うまくいく選手、途中で辞めなくてはいけない選手 様々だけど
そこのところの人間模様も 興味津々である。

朝ケーキ

画像1


朝ケーキ
ルージュ(イチゴムース)といれたてコーヒー。

栗きんとんケーキ

画像1

当店人気の焼き菓子
栗きんとんケーキ 158円
中に白あんと合わせた栗のペーストをいれて焼き上げたバタケーキ

今日のおやつ

画像1


今日のおやつは、「ジュペとコーヒー」ババロアのケーキ

ホワイトデー

画像1


ホワイトデー企画
地元農協さんとのコラボ商品。
可児市の農産物(大豆、緑茶、なす)を使って作った
チョコ菓子、フィナンシェ、クッキーです。
税込1000円

里芋のケーキ

画像1画像1
画像1
里芋のケーキ 農協さんの企画で作ったケーキ 下をタルトにして里芋が入っています。 その上にカスタードと生クリームを合わせたクリームを挟んで 里芋を入れて焼いたバタケーキを乗せて チョコをかけてあります。

いちごロール

生クリームを苺味にして 
苺の刻みを入れて巻きました、
最近 人気のロールケーキです。 P1010466 P1010467 苺ロールケーキ 1050円

今朝の朝ごはん

画像1

芋をアルミ箔に包んで、ガスコンロで焼く。
約一時間程度で焼けた。
それにバターと塩を振って食す。
美味しい。

ルージュ

画像1

ルージュ
イチゴのムースを型で抜いて、赤のゼリーをかけました。

里芋にタルト

画像1画像1
画像1

去年から地元農協さんと協力しあっていろいろやっていまして、
その中で、地元の里芋を使って作った里芋のタルト。
これが思いのほか好評。

お汁粉

画像1

最近うちで、プチブームはあんこを買ってきて、水で伸ばしてレンジで温めて白玉を入れて
即席お汁粉
これが結構うまい。

ひな祭りショートケーキ

画像1

本日のみの販売
ひな祭りショートケーキ 420円

モンブラン

渋川付きの栗を入れて、周りはフランスのマロンペースとを絞りました。
画像1

春のケーキ「桜」

画像1

今日から販売した、桜味のケーキ
周りは、
桜味のメレンゲです。

ザッハトルテ

新潟でケーキ屋さんをやっている友達が贈ってくれた ザッハトルテ。
生クリームを絞り、入れたてコーヒーで食す。
美味。
画像1

桜のロールケーキ

明日から3月
桜のロールケーキを作りました。
画像1

パフェ

最近仕入れた陶器のカップで作った パフェ。
中はプリンと生クリーム、フルーツ。画像1

小沢昭一さん

小沢昭一さん 大好きでした。 この前 市川團十郎さんが亡くなり、その前に勘三郎さんが亡くなって  世間やニュース等では このお二人の訃報の方が大きいですが、 自分にとっては小沢さんの訃報のほうがずっと悲しくて寂しい話です。 歌舞伎はやっぱり ブルジョアの文化で小沢さんの芸は庶民。 名もない人たちの生活 人生に注目した  合わせて日本人 日本語の素晴らしさを 教えてくれる芸でした。 馴染みのない人もぜひ 騙されたと思って聞いてみてください。

上下関係

告発15選手、全柔連の幹部処分も要求!監督1人が辞任「真意ではない」

ケーキ屋の世界も職人の世界ですから 上下関係は厳しい世界です、
たまに 蹴られるとか 何かで叩かれるという話は聞きます。
でも今の時代 そういうことをしたら 今の若い子はすぐに辞めてしますでしょう。
自分たちの時代だと 「技術を教えていただく、仕事をやらせていただく」という感覚が強くて
経営者やチーフ、先輩の立場は いつも絶対的に自分より上でした。

それは今でも当然なんですけど、教えてやるとかやらせてやるというのはもう完全に時代遅れな考え方で、
今はひとつのチーム 勝負事なら勝つためのチーム、
我々のような商売屋 会社なら お互いの生活ために やっていく仲間 チーム
上下関係はもちろんありますし その中で尊敬とか敬うという気持ちは当然ですが
だからといって 上の人間が下の人たちを どう扱ってもいいという事にはならない。

今の若い人は賢い、
自分たちの時は 情報もないですし とにかく先輩に教えてもらうしかなかった時代
でも 今は学校もありますし、それ専門で研究もされていますし、発達もしていますから
「文句を言わず、言われたことをやっていればいい」と言うのは通じません。

「こいつは馬鹿だし、出来ないんだから・・・」と思い込んでいたら
実は 下の立場の人のほうが 慣れていない 経験が少ないから出来ないだけで
本当は賢かったり 道理や理屈を知っていたり
多分 この柔道選手の人達も ただの柔道バカではなくて
ちゃんと科学的なことや専門的に 学問としてやっている人も中にはいるでしょうから
そういう人達からしたら こういう扱いが許せなかったのはよくわかりますし
柔道界の上に立つ人達の あまりの無知さに失望したのでしょう。

それに 全日本の合宿ということは つまり 選手たちは各人所属しているところがあるはずで
自分が所属しているところの人間であって 全日本でずっとやってきたわけでもいるわけでもない
やめた監督も上の人達だって 選手にとっては恩もなければ世話になった覚えもない
たまたまいただけの人、尊敬もしていない人から暴言 暴力を受けたら それは許せなかった
そういう 当たり前のことが 柔道界全体が解っていないことに
告発した選手たちは怒ったり 憂いでいるわけで
そいういう 全日本なんだから何をやっても言ってもいいという
根源的な事が解っていない 連盟の人達はやはり 全員入れ替わったほうが
いいのかもしれない。

メンテナンス

Photo
モルタル部分をハンマーでたたき、打音検査をする作業員(2日午前2時、新潟県小千谷市の魚沼トンネルで)(読売新聞)

JR東が新幹線トンネル緊急点検…モルタル落下

ケーキ屋は結構機械が必要で オーブン、ミキサー、冷凍庫、冷蔵庫
ショーケースも冷蔵庫。
ウチは25年目に入っているけど、その間でオープン当時からあるのは
オーブンとミキサーとパイローラーだけで 後は全部入れ替わった。
大体10年を超えると すべての機械が怪しくなる。
ケーキ屋の機械をリースで買うと たいてい6年くらい
つまり6年でその機会は価値がなくなる 減価償却

持ち家でも 10年くらいすると壁、屋根の塗替えを考えないといけなくなります。
つまり 買う、手に入れるのはお金があれば簡単ですが
使い捨てのものなら問題はないですけど
長く使うものなら 必ずメンテナンスが必要です。
買って終わりということはありえません。
それは経営者なら当たり前の話で、そのメンテナンス費をどう考えるか?なんですが
儲かって儲かってしょうがない会社なら 税金の問題もありますから
減価償却が終わる6年くらいで 買い換えるというのもあるでしょうが
今の時代、ましてや自分たちのような個人事業なら考えられません。
そんなことを考えながらやっている自分たちからしたら
作ってから一度も点検もメンテナンスもしなかったというのは罪のなにもんでもない。

安倍政権になってこれからまた 公共事業がたくさん行われるみたいですけど
作るのは簡単、 20年 30年経った後の 作った道路なり何なりがどうなるのか?
本当は当たり前のことが 自分のものではない物が 長い年月の中で忘れられるというか
作らせた政治家も 使った工事の人も その頃にはもういないでしょうから
次の世代に渡されて メンテナンス料を払うのは次の世代。
そのためのお金は その時も貯めてはいないでしょう。



Categories
Archives
livedoor×FLO:Q パック